ピンクニンニクについて

ニンニクについてピンクニンニクについてニンニクの科学農工商連携事業とは

ニンニクの産地【北海道北見市常呂町】

画像の説明
画像の説明

北海道北見市常呂町は、オホーツク海に面した北海道東部に位置し、西にサロマ湖、東に網走市が広がっています。

肥沃な土地と大地に恵まれた大自然を生かし、畑作・野菜農業と酪農を主体とした農業が営まれています。

画像の説明 画像の説明

北海道在来種のピンクニンニクについて


画像の説明

ピンクニンニクの特徴

北海道在来種のピンクニンニクの特徴は、香りが強く、味が辛い こと

画像の説明

   [check] 有効成分の質も量も優れている(栄養素を豊富に含む)
   [check] 抗酸化作用をもつフラボノイドを豊富に含む

北海道在来種のため、他の種(ホワイト種など)よりも丈夫で栽培しやすい

   [check] 安定した供給

画像の説明
画像の説明

日本で最も厳しい環境といわれるオホーツク沿岸でありながら、大きく育つピンクニンニクは、強い生命力があり、ニンニク本来のパワーを持っています。


JAところ 栽培農場

画像の説明

画像の説明

当社で使われているニンニクの生産は機械化が難しい点もあり、ほぼ手作業で栽培されています。また、植え付け、芽きり、収穫のタイミングが重要な作物ですので常に目が離せないなど苦労も多いのです。

有機質肥料・減農薬

有機質肥料を主体としたニンニクの栽培に適した土づくりを行なっています。
また、減農薬に取り組み、可能な限り農薬に頼らない栽培をしています。

4年以上の輪作

同じ土地に毎年同じ科の農作物を栽培すると、鉄やマンガンなどの微量成分が欠乏したり、病害虫に冒されやすくなり、品質・収穫量の低下などの連作障害が起きやすくなるため、輪作により土壌の栄養バランスを取り、連作障害を防止しています。

自家増殖・種芽栽培

常呂では、球根を外部から購入するのではなく、自家増殖といって、良い球根を自前で増やして栽培しています。近年、ニンニクの地上部にできる種芽を植え付け、数年掛けて丈夫な良い球根にして栽培する方法も取り入れています。


ニンニクができるまで

画像の説明

秋に球根の植え付けを行うとまもなく発根しますが、冬の低温により生育が停止し休眠します(厳しい冬を耐える)。融雪後、気温の上昇とともに萌芽し、6月中旬から抽台し(植物の茎が急速に伸びる)、7月上旬に球肥大の最盛期を過ぎ、枯葉が進む7月下旬に収穫を迎えます。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional